Beauty

瞳ケアで目元美人に。アーユルヴェーダ ネトラバスティとは?

スマートフォンやパソコンを毎日長時間見る生活。
ストレスなどから目が疲れることがありませんか?
下ばかり見ているので目の周りもたるみ、くすみも気になってしまいますよね。
そこでフェイシャルヨガインストラクターの筆者が体験した、アーユルヴェーダの「ネトラバスティ(施術)」が、とても良かったのでご紹介したいと思います。

《「目の温泉」「眼球エステ」ネトラバスティとは?》

リンパマッサージやフェイシャルエステは定期的に行ってきましたが、目と目周りエステ「ネトラバスティ」があると知り、おもしろそうなのでトライしてみました。
インドの伝承医学のひとつアーユルヴェーダのネトラバスティは、「ギー」と呼ばれるバターから不純物を取り除いたオイルを目に注ぐ、目のトリートメントです。白目の部分がキレイになったり、視界がクリアになるというウワサ。さて、どんなふうに変わるのか、ドキドキしながら施術開始!

信じがたいかもしれませんが、まず小麦粉で作った生地を“もんじゃ”で土手を作るかのように目の周りを囲う形で乗せます。そして土手の内側、つまり閉じた目の上から温かい「ギー」を注いでいきます。
……まだ目をつぶっているので、まぶたがじんわり温かくなってきた感覚です。
するとスタッフさんが「目をゆっくり開けて動かしてください」と!
ゆっくりと目を開けると温かいギーが入っていきます。
とても不思議な感覚ですが、目の前には気泡のようなものが見えただけ。
痛みなどは特になし。後に気泡について聞くと、目が乾燥している人が出ることが多いそうです。

その後も目を上下、左右に動かしたり、ぐるりと回したり、瞬きしたりを、何度か繰り返しました。

最初はこわごわ目を開けていましたが、目の周りがポカポカに。
その後、土手をとってオイルをふき取った後、改めて目を開けてみると、視界がクリアに広がり、景色がはっきり見えました。鏡で瞳を見てみると白目も白く眼球もキラキラ。(あくまで個人的な感想です。)
まるで眼球の汚れが取れたかのように、視界が明るく感じました!

《目も美しく年と重ねてみませんか?》

施術はエステサロン、アーユルヴェーダサロン、メディカルクリニックなどでネトラバスティの資格を持った施術者がいますので、資格所得者がいるサロンを選べば安心してトリートメントできます。
季節的な不快感、目の疲れや乾燥などが気になる方はぜひ試してみてください。

もしかすると目の周りのハリも実感できるかも?!
目を酷使する毎日。目のケアも忘れないようにしましょう。

【画像出典元】
サロンプランギ
http://www.yosaparkpelangi.jp/


この記事がいいと思ったらサポートをお願いします♡

PROFILE
Sophie(ソフィー)
Sophie(ソフィー)
人生折り返し地点。いろんな事に挑戦して楽しみたい。 旅、グルメ、美容、ライフスタイルなど情報収集、リサーチ大好き。 フランス在住歴4年、25か国渡航歴あり。海外情報も発信していきたい。 フェイシャルヨガインストラクター ビジネスマナーインストラクター