Travel

【1泊2日】熊本県 人吉市を満喫!初夏の楽しみ方ススメ

九州のおへそ、熊本県。
その熊本の南部に位置する人吉市は、球磨川のおだやかな景色や温泉が楽しめて、ゆったりとした空気が流れる場所です。そんな人吉市発!夏の楽しみ方をご紹介します。

ShokochanによるPixabayからの画像

《熊本県 人吉市って?》

熊本県の1番南に位置する人吉市。九州山地に囲まれたこの地は、川下りなど山のアクティビティが有名です。そして、ゆったりとした旅にしたい方にオススメなのは温泉!人吉・球磨温泉の泉質は、弱アルカリ炭酸泉などで、しっとりすべすべ肌へ導いてくれますよ。
さらに、城下町として栄えた地域でもあるため、趣きのある街並みがフォトジェニック。

Photo by Masa Sazaki on Unsplash

《筆者がオススメしたい夏を楽しむ強い味方がこちら》

・熊本初の奨励賞を受賞した『立山商店』

日中の気温もぐんぐん上がって、喉をうるおす爽やかな飲み物が美味しい季節が到来。
そんな時にぴったりなのが、鍛冶屋町にお店を構える立山商店のお茶です。
明治10(1877)年に創業した『立山商店』。現在は5代目の立山 茂さんがていねいに茶葉と向き合っておられ、お茶をライフスタイルへ取り入れてほしいと、さまざまな角度からお茶の楽しみ方を提案されています。そして2017年には、熊本県では初の奨励賞を受賞。
現在も守り続けられている、伝統的な製法でつくられた「人吉球磨茶」が魅力です。

Photo by Timothy Newman on Unsplash

・この時期のオススメは水出し番茶

暑い日には、水出し番茶がオススメです。
というのも、番茶の魅力は何といっても、香ばしさとすっきりとした味わいを同時に楽しめるところ。水出しでお茶出しをしても香りが高く美味しいこちらは、立山商店で人気No.1のお茶なのだとか。
ほうじ茶同様にカフェインは少なめとのことですが、緑茶カテキンを多く含んでいるそうですよ。
実際に、1Lの水に大さじ約3杯の番茶を入れて、冷蔵庫で冷やし、つくってみました。

そのまま飲むのはもちろん、和・洋・中のどんな食事と一緒に合わせても美味しくいただけました。
また最近ではマイボトルに入れて持ち歩くのも、エコで良いなと感じています。この方法なら、外出中もゴクゴクと美味しい番茶をいただけますよね。
こちら以外にも、立山商店には10種類の日本茶がお試しできるセットもあり。色々とお試ししてみたいという方は、チェックしてみて。

・着付けとお茶の体験も

立山商店では、人吉の観光が素敵な思い出になるようにと、お茶の販売だけでなく、着付けや生花、茶室での茶道、日本茶のテイスティングといった体験もできるのだとか。
たしかに着付けの体験時に、趣きのある街並みを背景に写真を撮るというのも、熊本でのすばらしい思い出になりそうですよね。
※HPの観光サービスより問い合わせが必須。

Photo by Matcha & CO on Unsplash

《これからやってくる夏を楽しもう》

夏の水分補給にオススメした田舎番茶は、公式サイトの通販からもお取り寄せが可能ですが、もし少しでも足をのばせるのであれば、この夏は熊本観光も兼ねて本店を訪れていただきたい!
ゆったりとした空気感と、温かな温泉。そして人々のおだやかさに触れる、最高の夏を過ごしてみるのはいかがでしょうか?
【立山商店】
https://www.tateyamasyoten.com/


この記事がいいと思ったらサポートをお願いします♡

※有料コンテンツ内の全てのイラスト・画像・文章の転用はご遠慮ください。転載・複製・転用等は法律で罰せられます。

PROFILE
TAKAKO
TAKAKO
食べること、ゴルフなど探究中。 外資系企業の勤務経験での、英語習得の楽しい方法もお伝え出来たら良いなと考えてます。 発信しつつ、皆さんの楽しいワクワクを一緒に受信してゆきたいと思っています。