merrily people

【#22 merrilyな人たち】わたしのマイルール。Pilates Green(ピラティスグリーン)池袋店 インストラクターHirokoさんに聞く!100点ではなく毎日70点を合格ラインにして過ごす、心の余白とは。

自分の人生を楽しむ”merrilyな人たち”とは、日々、どんな考え方を持って生きているのか?
育ってきた地域や環境、生活週間、職業に年齢、性別など。
さまざまな要因が複雑に絡み合ってたどり着いた考え方やマイルール。
全く違う考え方もあれば、突き詰めた先には同じような考え方も。だけど、例え似たような考え方を持っていても、選ぶ言葉のチョイスや、話すときのトーンやジェスチャー、表情も違っていたり。

そう。ここには、100人いれば100通りの答えが存在します。
そしてそのどれもが、その人を構成する生き方や、これからを選択するための道しるべに。

だからこそ!皆んな違う考え方を持っているから、どうしたら人生を楽しく生きられるのか?Happyになれるのか?それを成功と呼ぶなら、どうしたらそういったマインドが育まれるのか?知りたくなっちゃいますよね。
人生を楽しむmerrilyな人は、どんな考え方や信念を持っているのか……。

この連載では、merrilyな人へインタビュー。マイルールやルーティーンなど、普段から意識したり心がけていることをお話ししていただく、というもの。
さまざまなmerrilyな人のマインドを吸収して、一緒にmerrilyな人を目指しましょう!

今回は『Pilates Green(ピラティスグリーン)池袋』のインストラクター、Hirokoさんにお話を伺いました。Hirokoさんのピラティスとの出会いは、雑誌で見かけて「おもしろそうだな」と思ったこと。近所にピラティスのスタジオができた時、これは行かねばと感じたそう。
もともと、お仕事の合間の趣味で始めたピラティス。そこからインストラクターをやってみたい!と養成コースに通って資格を取得。
インストラクターになって約6年、Hirokoさんの心の余白を持ちながら生きるコツを伺いました。

【お話を伺った方】

ピラティスグリーンHirokoさん

Pilates Green 池袋店
インストラクターHirokoさん
前職:会社員、好きなこと:動物園/水族館巡り
・マット資格:STOTT Pilates
・マシン資格:STOTT Pilates

【PilatesGreen(池袋:インストラクター18名/会員数100名)】
https://pilates-green.jp/

※merrily(メリリー)とは?
英語で《楽しく・陽気に・愉快な》という意味。
merrilyは「いくつになっても、“いくつからでも”楽しみ・幸せを見つけられる」媒体を目指しています。

PROFILE
森岡 陽子
森岡 陽子
1974年生まれ。2人の大学生の子どもを持つ母。不器用ながら「努力と根性」で女性誌 のライターを10年以上経験、これからは軽やかにライフスタイルのお役立ち情報を発信で きたらと思っています! 「桃子俱楽部」オンラインサロンで、スキンケアやメイクを勉 強中、好きなことにはトコトン突き進むタイプ。
著者のウェブサイト:https://www.instagram.com/__yokom_