Interview

【インタビュー】株式会社Beans PLUS代表 遠藤 海周さんに聞く!半世紀以上製餡事業を続ける小豆スペシャリストが、スキンケアブランド「komame」を立ち上げたワケ

あずき美人茶(株式会社遠藤製餡)でも知られる株式会社Beans PLUSが、小豆を使った自然派化粧品を開発。化粧品をつくるに至った経緯や、製品へのこだわりを聞きました。昔からある小豆の力を、現代に生かすために行っていることをご紹介します。

【お話を伺った人】

株式会社Beans PLUS
代表 遠藤海周さん

【komame】
https://www.beansplus.jp/komame

Q.小豆の良さは、どのようなところでしょうか?

遠藤さん:「昔からある小豆は、エイジングケアが期待できる抗酸化作用や、むくみを解消するカリウムなど、女性にはうれしい成分が詰まっています。あずき美人茶を作った時も思いましたが、身体に取り入れる素材だから、安心・安全なものを使いたい、そして身体や健康に良い日本古来の素材を、もっと多くの人に知ってもらいたいという気持ちがあります。また日本国土で育った素材は、日本人の体質に相性が良いとも言われています。日本では昔から、小豆はお祝い事にも使われてきた縁起の良い素材です。昔から日本人に馴染みのある、身体にも良い小豆をもっと身近に感じてもらいたいと思っています。」

komeme

Q.ブランド名にはどのような意味がありますか?

遠藤さん:「まずはブランド名としているkomameは、小豆(あずき)を“コマメ”と読み、こまやかさやこまめにケアをするという日本らしさ、日々に寄り添う形で使っていただけたらな思い、名付けました。」

Q.開発担当の野村さんにも、スキンケアアイテムへのこだわりを教えていただきたいです。

開発 野村さん:「最初にパッケージなのですが、小豆というと小豆色の古めかしい印象を持たれてしまい、対象年齢が高い方用と勘違いされてしまう懸念がありました。古いけれども、日本古来から伝わる、身体にとっても良い成分であることを若い方にも伝わるように、今回パッケージには濃い小豆の皮の色、いわゆる小豆色は使わないと決めていました。」

Q.こちらのパッケージ、定番の小豆色はひとつもなく、色使いが素敵です!

開発 野村さん:「パッケージには使用している原料を色で表現しています。薄いピンクが小豆、濃い赤がハマナスの花、緑が米セラミド、黄色がロイヤルゼリーです。洗練された小豆をイメージできるように。」

遠藤さん:「白と小豆色を使うとどうしても、餡子屋のホームページになっちゃうので(笑)。和の雰囲気は残しつつ、小豆と餡子は切り離したかったという思いがありますね。」

開発 野村さん:「小豆を使う会社だからこそできる、質の良い小豆をたっぷり使った処方です。これは他社では、コストや原料確保の事情で絶対にマネのできない強みです。
餡子を製造する過程で生まれる、小豆の皮。その皮にポリフェノールやカリウムといった小豆の栄養成分がたっぷり含まれています。本来なら廃棄するその小豆の皮から抽出したエキスには、小豆の栄養素が凝縮されています。komameにはこの小豆エキスがたっぷり含まれているのです。
次に、有効成分は何を使おうかと考えた時に、とにかく肌にやさしくやさしくやさしく……を優先に、防腐剤を極力減らして、肌に良いものだけをしっかり入れようと思いました。
北海道の工場で生産することが決まり、それならば原料も北海道の物を使おうと思い、まずは道花であるハマナスを取り入れることにしました。
ハマナスの花をいれたお茶は、かつてビタミンC欠乏が原因の治療薬として使われており、熱にも強いビタミンCが豊富に含まれています。また、英名がジャパニーズローズであるため、香りが良いのも魅力的です。
さらに保湿成分には北海道産の米セラミドを。植物セラミドの中では、保湿効果が高いということで採用しています。
北海道にある工場の周りは自然が豊かで、肌なじみのよい硬度を持っています。実際に開発中に試したら、肌にすっと馴染む感じがとても心地よく、この工場で作ろうと思いました。」

Eiji KikutaによるPixabayからの画像

遠藤さん:「小豆の抗酸化効果、ハマナス花エキスの肌を明るく見せる効果、セラミドの保湿力というバランスの良さと、サラッと仕上がるのにしっとり浸透するテクスチャーが好まれ、現在たくさんの方に使っていただけており、うれしいです。」

開発 野村さん:「komameオイルクリームは、小豆エキスに加え高い保湿効果を与えるために、白樺樹液をたっぷりと配合。花粉の時などのゆらぎ肌にも使えるように、肌にやさしい設計はそのままに、エイジングにも対応できる北海道産の成分を配合しました。自信満々、贅沢すぎるほどいいものをたっぷり入れています。」

Q.今後、追加しようと思われている商品はありますか?

遠藤さん:「今後、フェイスマスクの発売を考えています。肌がパーンとみずみずしくなることで、気分まで晴れやかになってもらえるようなフェイスマスク。一回使うだけで肌がふっくら明るくなり、小豆のチカラを実感いただけると思います。現在、絶賛試作中です!」

《取材後記》

今後は、小豆の成分たっぷりなフェイスマスクの発売と、Beans PLUSという豆を扱う会社なので、小豆だけでなくさまざまな豆を用いた商品の展開も考えているのだとか。サプリメントや食品により、身体の内側からもケアできる商品が出ることに、期待大です!


この記事がいいと思ったらサポートをお願いします♡

※有料コンテンツ内の全てのイラスト・画像・文章の転用はご遠慮ください。転載・複製・転用等は法律で罰せられます。

PROFILE
森岡 陽子
森岡 陽子
1974年生まれ。2人の大学生の子どもを持つ母。不器用ながら「努力と根性」で女性誌 のライターを10年以上経験、これからは軽やかにライフスタイルのお役立ち情報を発信で きたらと思っています! 「桃子俱楽部」オンラインサロンで、スキンケアやメイクを勉 強中、好きなことにはトコトン突き進むタイプ。
著者のウェブサイト:https://www.instagram.com/__yokom_