Interview

【インタビュー】ファスティングは自分の身体を知るきっかけに!パーソナルデトックスサロン「LINOUS(リノアス)/広島の代表アドバイザー相澤佳子氏に聞きました。

健康美デザイナーとして、食と生活、ファスティングをサポートする相澤佳子さん。
健やかに美しく時間を重ねていく人はカッコいい!! そんなあなたの伴走&お手伝いをしてくれる相澤さんの、ファスティングに対するシンプルな思いをお聞きしました。

LINOUS(リノアス)代表
健康美デザイナー 相澤佳子

酵素栄養学や分子栄養学・美容を取り入れたファスティングをメインに、食生活の改善やデトックス・ストレス軽減などの大切さ・必要さをお伝えするとともに、お食事のアドバイスやお買い物の際に気を付けるポイント等、選択できる健康法をお伝えしております。これまで、経営者の方やOL・看護師・バレリーナ・ボクシング選手など様々な方のサポートを行ってまいりました。
各協会や学会に参加し、ファスティングや栄養学を学ぶにつれ 、皆様に有効な万能健康美容法、そして自宅で気軽にできるセルフアンチエイジングだと自負しております。自身も、約2か月おきにファスティングを行い、その時の体調などでの変化等、日々勉強・実践しております。

Q.ファスティングのサポートってどんなことをするのですか?

相澤さん:「ファスティングをしたい、興味ある、やりたいという方にファスティングの心構えや、日々のお悩みやサポートをメールや対面で回答するという業務です。ファスティングに合わせて、酵素ドリンク、サプリ、水、化粧水(基礎化粧)、入浴剤など物販をしています。紹介する商品すべて、自分が試したもの、いいと思ったものだけに絞っているんです。
特にブランドを決めず、自分が試して信用できる商品だけを紹介、自分が試さないと人にいいと言えないので、絶対いいよ!と言われてもまずは試しますね。商品の説明も、自分でわかっているから勧めやすいですし。」

Photo by manu schwendener on Unsplash

Q.ファスティングのアドバイザーになろうと思ったきっかけは?

相澤さん:「ファスティングをしようと思ったきっかけは、妹からよかったよ!と聞いて、体験に行きました。その時は水と塩とバターのみで過ごすもの…かなり過酷なファスティングでしたが、肌の調子はよくなるし、妹は重度の花粉症が軽減したりしていたので、もっと知識を深めたくなって勉強し、セミナーに行ったり資格を取ったんです。
何度か過酷な修行のようなファスティング体験し、割とすぐにセミナーを受けてそこで初めてファスティングドリンクやサプリを飲んで、しんどさをわかったうえで体感しながら続けていけたので、さまざまな改善法など模索していきました。もちろん、周りの先生に聞いて、ファスティングの勉強をしましたね。
何事も自分でやらないと信じないタイプで、自信をもって人にすすめられないので、まずは試してみてから…ファスティングって誰でも合うとかって体質的にどうかわからないので、体質改善のための一つの手段としてお伝えしています。」

Photo by Lauren Mancke on Unsplash

Q.ファスティング、いいよ!気になっていたところがよくなるよ!というのはどんな点ですか?

相澤さん:「一番改善できる部分は、血液の浄化です。
1.血液の浄化
美肌や代謝アップにもつながるし、より多くの酸素、栄養を運べるようになるので肩こりも軽減されます。
2.腸内環境の整え
便秘改善、お肌が整うところにもつながります。
3.免疫力アップ
コロナ渦の今でいうと魅力的なポイントですね。1.2の血液の浄化や腸内環境でほぼからだが良くなりますよね。とっても大事です。

ファスティングは、1回でも体感はありますよ、まず肌がワントーン明るくなったり便通がスムーズ、ただ私でいうと44歳なので44年間ためてきたものが一度で治るとは思えない…定期的にやること、継続することで効果がアップします。
一年に一度、半年に一度、その方のライフスタイルにあった方法、タイミングでいいと思います。」

https://pixabay.com/ja/photos/ibs-菌-腸-胃-結腸-5308379/

Q.食べる反動や回復食など、注意点、気をつけること、何で困るのか?など、ファスティング中多かったお悩みが知りたいです!

相澤さん:「気をつけた方がいいこと……出てくる症状では、頭痛(カフェインの離脱、砂糖禁断症状、ミネラル不足など)が大半です。あまりにも大変ならば、カフェインやミネラルの補給を行ってもらいますが、基本無理はしない、症状が改善しない場合はやめてもらいます。つらいものではないので…。そんな時は初心にかえり、食生活を整えてから再開することをお勧めします。自分の体調の悪さに気づけるので、ファスティング以前の問題ではありますが、(今のところ辞退者なし)無理に行ってもつらいだけ。あとは筋肉痛っぽいとか、腰が痛ければ肝臓疲労だったり、理由がそれぞれありますので、専門家の知識のもと行うことが望ましいですね。あとはどれだけ血糖値を安定させるかで、ファスティング後の食欲も軽減できます。
よく甘いものを食べるとインスリンが出て血糖値スパイク(一気に血糖値が上昇すること)、それをいかに安定させるか、ですね。これはリバウンド防止にもなります。

意外にみなさん、終わったらあれ食べたいと思っていたけど、なんかもったいない気がする、せっかく体がきれいになったのに……とがまんする方が多いですね。味覚嗅覚がクリアになるので、薄味の料理が好きになったり、暴飲暴食が防げます。
でもカレー、うどん、ソースのにおいには負けますね(笑)
そんな時は、立ち止まって食べることを考える、という誘惑の危険なポイントもお話します!」

Photo by Brooke Lark on Unsplash

Q.ファスティングの開始に適した時期、タイミングとかってありますか?

相澤さん:「基本その方の生活スタイルでいいと思います。目安としては、生理終わって一週間後とか、貧血状況にもよりますが、ご相談いただければ。私がたまにやるのは新月、新月はデトックスの時期、逆に満月は減りにくい、満ちていくものなので適しません。花粉の方は、症状が出る一か月前に行うと、軽減されることも多くあります。黄砂や様々な花粉の対策にも早めに行うことで症状が軽減されます。特に決まっていないけどやりたいという人は、季節の変わり目はいかがでしょうか? 日本の四季に流れて。
季節の変わり目は、自律神経の乱れや気圧の変化で体調が悪くなったりするのでいいタイミングです。ファスティングって自律神経を整えてくれたりするので、四季に行うのが美しくていいですね!」

Photo by Arno Smit on Unsplash

Q.ファスティングの期間ってどれくらい?

相澤さん:「期間は、16時間、半日、1日というプチファスティングは気軽な体質チェックを、3日、5日、7日(前後含まず)で体質の改善がしっかり体感できると思います。だいたい、3日目からデトックスを感じますので、ちゃんとやりたいなら5日がいいかなと。」

Photo by Debby Hudson on Unsplash

《ファスティングは定期的に》

やはり蓄積されたものを、時間をかけてゆっくり整えていくため、定期的に行いたいところです。ファスティング中、自律神経の乱れで様々な不調があっても、相澤さんにご相談できれば鬼に金棒!です。

ファスティングは体質によって、人それぞれの症状があります。無理せず専門家の指示に従うことも大事です。今回お話を伺った相澤さんに質問をしたいことがあれば、下記アカウントをご覧ください。

【LINOUS(リノアス)】
https://lit.link/linous


この記事がいいと思ったらサポートをお願いします♡

※有料コンテンツ内の全てのイラスト・画像・文章の転用はご遠慮ください。転載・複製・転用等は法律で罰せられます。

PROFILE
森岡 陽子
森岡 陽子
1974年生まれ。2人の大学生の子どもを持つ母。不器用ながら「努力と根性」で女性誌 のライターを10年以上経験、これからは軽やかにライフスタイルのお役立ち情報を発信で きたらと思っています! 「桃子俱楽部」オンラインサロンで、スキンケアやメイクを勉 強中、好きなことにはトコトン突き進むタイプ。
著者のウェブサイト:https://www.instagram.com/__yokom_