Gourmet

【福岡編】旅好きライター佐藤がオススメするご当地セレクション

福岡土産といえば、なにを思い浮かべますか?
明太子、博多通りもん、めんべい……福岡土産はどれも美味しいですよね。
これらの定番土産は、もらったことがある方も多いのでは?
前回の旭川編に続き、今回は旅好きライター佐藤がオススメする、“女性に喜ばれる”福岡土産をご紹介します。

女性にあげたい福岡土産3つ》

エッセンポテト 明太子バター味/Calbee+(カルビープラス)

17g×4袋/価格540円(税込み)

国産じゃがいもを超厚切りカットしたポテトチップス。その厚みは、通常のポテトチップスの約3倍ほど。じゃがいものホクホク感と風味、明太子のピリッとした辛さ、バターの香ばしさがこの厚みにギュッと凝縮されています。しっかりじゃがいも感!でも、重くなくてサックリな加減に、ついつい手が止まらなくなる美味しさです。
また、1袋の量がちょうどいいのも魅力のひとつ。
福岡へ行くと皆に買っていきたくなるお土産です。こちらは博多阪急の限定品。プレミアム感があるのもポイントです。女性目線で選びましたが、実はこちら、ビールにもよく合うだけに男性にもよろこばれる一品!
【Calbee+(カルビープラス)】
https://www.calbee.co.jp/calbeestore/

博多チョコぱいおう/伊都きんぐ(いときんぐ)

16枚入り/価格1,339円(税込み)

あまおう苺のパイを、チョコレートでコーティングしたお菓子。
伊都きんぐは、あまおう苺の加工販売所です。“チョコを敵とするか、味方とするか?!”
開発過程では「あまおう苺の風味がサクサク感とともにやってくるにはどうすればいいのか?」これを課題にさまざまなコーティングを追求。そしてたどり着いたのが、“高級チョコを味方”に使うことだったそう。
チョコレートがうっすらコーティングされていて、かじるとピンク色のパイがお目見え。
サクサクしていて、苺の美味しさが追いかけてくるような味わいです。
あまおう苺の風味を決して壊すことのない、この黄金比率。さすがは苺栽培のスペシャリスト。
思わず写真を撮りたくなるキュートな苺マークの紙袋も必見です。
【伊都きんぐ(いときんぐ)】
https://www.itoking.jp/index.html

明太マヨネーズ 中/島本(しまもと)

115g/価格410円(税込み)

明太子のピリッとした力強い辛さと、マイルドなマヨネーズがクセになる1本。これを使うだけで、フランスパン、じゃがいも、きゅうりなど、どんな食材もつけるだけでも美味しい。そして、簡単に絶品料理に仕上がります。
その他、パスタやおにぎり、グラタンなどにもオススメで、必ず買って帰るお土産のひとつです。
さらに皆からも好評で「あれは美味しかった!」と、口を揃えて言ってくれます。
こちらの中サイズは、ひとり暮らしの女性でもあっという間に使い切れるサイズ。空港での取り扱いはなく、福岡市内の直営店で買える商品です。やみつきになるので、ぜひ店舗まで足を運んでみてください。
【島本(しまもと)】
https://www.hakatamentai.jp/

《福岡はグルメだけじゃない!他にはない魅力とは?》

福岡旅行の魅力は、なんといっても美味しいグルメですよね。
その他の魅力といえば、“空港からのアクセス”。
空港に着いて15分後にはホテルの部屋、こんなことが福岡では可能!この圧倒的なアクセスの良さは、他にはない魅力ですよね。
福岡に行かれる際はぜひ参考にしていただけたらうれしいです。


この記事がいいと思ったらサポートをお願いします♡

※有料コンテンツ内の全てのイラスト・画像・文章の転用はご遠慮ください。転載・複製・転用等は法律で罰せられます。

PROFILE
佐藤 絵理
佐藤 絵理
旅と美味しいもの、美容、本、珈琲の香りと…イケメンが好き! 快眠、快食、快便を目指しながらも、夜更かし暴飲暴食してしまうアラフォーです。 旅レポやオススメ美容、女性がワクワクする情報を発信していきたいです。 現在、自分の心に幸せのヒントを蓄積中。