Gourmet

人気の駄菓子覚えてる?懐かしの駄菓子でタイムスリップ!

子どものころ、好きだった駄菓子はありますか?
遠足のおやつを買いに、小銭を握りしめて駄菓子屋へ…そんな思い出がある方も多いのでは?
たまには懐かしい駄菓子を思い出して、あの頃へタイムスリップしてみましょう!

《最近では通販でも買えるようになった駄菓子》

駄菓子といえば「駄菓子屋さんで買うもの」というのが一般的でしたが、今では近くの大型スーパーにある食品コーナーの一画が、昭和の駄菓子屋さんのような趣を感じるディスプレイになっており、そこで駄菓子を買うというのが主流になっている模様。さらには、駄菓子の詰め合わせを含め、通販で購入できるという時代に。あの頃とは少し違った購入方法となりましたが、懐かしの味は今も健在。

《ライターがオススメする、思い出の駄菓子2つ》

・可愛いあの駄菓子は、女の子人気ナンバー1 ?!

地域や年代によっても違うと思いますが、懐かしい駄菓子の話になると、女性からはこの名前が挙がることが多い駄菓子のひとつ。
それは、小さくて四角いピンク色をした餅の「さくらんぼ餅(共親製菓)」。12個がきちんと整列、付属の爪楊枝を使い食べるあの駄菓子です。
ムニュッとした食感から甘い香りが口いっぱいに広がって、どれほどの数の幼い少女に、幸せな気分をもたらしてくれたでしょうか。

そんな世の少女たちを幸せにしてくれた共親製菓は、朝礼で“私たちは幸せになります!”と唱和しているそう。ピンク色をした「さくらんぼ餅」を食べるだけで、大人になった私たちまで幸せになれそうなストーリーですよね。

・ダイエットにも?!

駄菓子界ではちょっと渋くて大人の雰囲気を醸し出す、赤い小箱に入った駄菓子が中野物産の「都こんぶ」。
こちらの都こんぶは女性の味方、ダイエットにぴったりなおやつなのかもしれません。
中野物産の都こんぶは北海道や道南地方、三陸地方などの真こんぶを原料に、こんぶの荒漬けから梱包までの”11行程”を経て、手間暇かけて作られた酢こんぶ。表面の白い粉は、秘伝の醸造酢で“魔法の粉”と呼ばれているのだそう。

ダイエットにぴったりな理由はというと、チョコレートが1粒で約20~28kcalなのに対し、都こんぶは1枚1.25kcal。1箱全部食べたとしても、カロリーはチョコレートの半分にも満たないんです。
さらに、都こんぶをよく噛むことで生まれるメリットも。それは年齢と共に唾液量が減り、歯や歯茎が衰えてくるものですが、噛むことで唾液の量が増えるため、口の中の健康にも効果が期待できるそうです。つまり、都こんぶは大人女性のおやつにピッタリ!ということですね。ダイソーでも販売してますので、チェックしてみてください。

《駄菓子屋さんごっこも》

「子どものころ、どの駄菓子が好きだった?」
この話題は同世代だけでなく、年齢問わず、会話が盛り上がります。
おうち時間が増える昨今、お子さんがいる方はおうちで“駄菓子屋ごっこ”をするのもオススメです。

ちなみに駄菓子といえば、皆さんご存知「うまい棒」。
今年の4月、発売から42年で初めて10円から12円に値上げするそうです。
時代の流れによって、変化していくのですね。
ぜひこれを機会に、子どもの頃の思い出に浸ってみるのはいかがでしょうか?


この記事がいいと思ったらサポートをお願いします♡

※有料コンテンツ内の全てのイラスト・画像・文章の転用はご遠慮ください。転載・複製・転用等は法律で罰せられます。

PROFILE
佐藤 絵理
佐藤 絵理
旅と美味しいもの、美容、本、珈琲の香りと…イケメンが好き! 快眠、快食、快便を目指しながらも、夜更かし暴飲暴食してしまうアラフォーです。 旅レポやオススメ美容、女性がワクワクする情報を発信していきたいです。 現在、自分の心に幸せのヒントを蓄積中。