Gourmet

現代人に足りていない?!ミネラル豊富な”あの海藻”を美味しく食べる方法

毎日、私たちの食卓にのぼる食材たち。
今回はその中の海藻についてのお話です。
海藻と聞いて思い浮かぶのは、どんなものでしょうか。ワカメ、ひじき、あおさ等たくさんの種類がありますよね。そんなさまざまな海藻のなかから、筆者がオススメしたいものと、レシピをご紹介します。

《「アカモク」をご存知ですか?》

トロリとシャキシャキの食感の「アカモク」とは、どんなものなのでしょうか?
アカモクは、ひじきと同じホンダワラ科に属している海藻。
生の状態では褐色の色ですが、加熱すると緑色に変化します。ミネラル類が豊富で、粘り気とシャキシャキした食感を併せ持っています。
筆者の場合、茹でて小分けにパックされているものを使っていますよ。

【アカモクを調理・食べるときの注意点】
アカモクを食べる際の注意点をひとつお伝えします。
生のアカモクの場合、必ず加熱して食べるように留意しましょう。
生のアカモクには、ヒ素が含まれており、これは加熱することによって除去することができます。

・アカモクのメリットは、ミネラルが豊富

アカモクには、ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウムが豊富に含まれています。さらに鉄・銅・亜鉛も含まれているのもうれしいところ。
そして注目すべきは、水溶性食物繊維も豊富であるということ。現代の日本人は水溶性食物繊維が不足しているというデータがあるほど、意識しないととりづらい水溶性食物繊維が入っているのもメリットですよね。

《アカモクのアレンジ》

アカモクの楽しみ方はさまざま。
シンプルな食べ方なら、だし汁やポン酢をかけて食べたり、納豆に混ぜても◎。食感が良くてスルスルと食べられます。
筆者のオススメは、炊き込みご飯です。

【分量(2人前)】
・お米→2合
・お好みのだし汁→2合分の水加減
・茹でたアカモク→40g
・しょうゆ→大さじ1
・調理酒→少々
【作り方】
1.お米2合をとぎ、お好みのだし汁(温かい場合は冷ましておくこと)を、2合分の水加減で入れます。
2.茹でたアカモク40gと、しょうゆ大さじ1、酒少々を加え、サッと混ぜてから炊きます。水加減は、お好みですが、少し多めにしても大丈夫ですよ。
3.ご飯が炊けたら完成。
磯の香りがご飯に溶け込んで、シャキシャキとした食感が残る絶品ご飯は、ミネラルが不足しがちな日本人にオススメです。

このご飯をおにぎりにするのもおすすめですよ。
さらにお味噌汁や、サラダのドレッシング、麺類との相性もバツグン。天ぷらにしても美味しい。和洋中、どんな味付けにも応用できるので、炊き込みご飯だけでなく、さまざまな料理に使ってみてくださいね。

《海の恵みを楽しもう!》

海の恵みがたっぷり詰まったアカモク。シャキシャキとした食感がたまらなく美味しいのです。
まだ食べたことがないという方は、ぜひ1度ご賞味あれ!
そして皆さんのお好きな食べ方を、見つけてみてくださいね。


この記事がいいと思ったらサポートをお願いします♡

※有料コンテンツ内の全てのイラスト・画像・文章の転用はご遠慮ください。転載・複製・転用等は法律で罰せられます。

PROFILE
TAKAKO
TAKAKO
食べること、ゴルフなど探究中。 外資系企業の勤務経験での、英語習得の楽しい方法もお伝え出来たら良いなと考えてます。 発信しつつ、皆さんの楽しいワクワクを一緒に受信してゆきたいと思っています。